【トレード編】バイナリーを取り扱う国内業者と海外業者の主な違い!それに合わせてスプレッドの説明も!

pcモニターバイナリー

こんにちは!おこげです!

突然ですが、私たちはこれからバイナリーオプションを始めたいという方にハイローオーストラリアというバイナリー業者をオススメしています。

なので今回はその理由と合わせてバイナリーオプションを扱う業者についてのお話をメインにしていきます。

そのついでに別の記事で登場した「スプレッド」というものについても説明していきます。

ハイローオーストラリアが海外のバイナリー業者というのはほかの記事でも書いていましたが国内の業者との違いを大まかに説明していきます。

海外業者というのはそのままの意味で海外に本社のあるバイナリー業者なのですが、現在国内のバイナリー業者と海外のバイナリー業者では異なる点があります。

海外業者(今回はハイローオーストラリアを例とします。)の場合ハイロー取引を採用していますが、国内業者は規制の関係で「ラダー取引」という形をとっています。

ではまず、今回の記事ではバイナリーオプションを取り扱う国内業者と海外業者の違いとほかの記事で少しだけ登場した「スプレッド」について説明していこうと思います。

ではまずこちら(取引画面の見方ととりひきタイプと口座開設)の記事で少しだけ出てきたスプレットについて先に説明していきます。

スプレッド

スプレッドというのは前にも説明したのですが、一言でいえばズレのことです。正確にはちょっと違うのですが、バイナリーオプションを利用する者としてはこのイメージのほうがあっているのかなと思います。

スプレッドはバイナリーオプションだけでなくfxにも存在していますが、その意味はそれぞれで異なります。

更にバイナリーオプションといっても国内業者と海外業者のスプレッドの違いもあります。

とりあえず簡単に説明していきますね。

では、国内業者と海外業者の違いについてです。

海外業者の場合、単純に同時アクセス数の増加などによってエントリーしようとしたポイントがずれてしまった分の差をスプレッドといいます。

理屈は分かると思いますが、結構なんでここで!?みたいなことがたまにあるんです。それもより期待値の高いポイントに限って。

インターネットを利用する上で通信速度や回線などの関係でポイントがずれてしまうのは仕方のないことなのですが、体感的にはずるととらえてしまっても仕方ないかなと思いますし、実際直面してみたらなんとなく理解してもらえるかなと思います。

それともう一つ、スプレッド取引というのがあって、簡単に言うと予想するのが難しくなる代わりにペイアウト率が上がる取引方法です。

例えば

現在の価格がUSD/JPYのレートが円だとします。100.100円

Highエントリーで取引したい場合、通常であれば100.101円以上になれば勝ちですがスプレッド取引の場合、100.110円以上でないと勝ちにならなくなってしまうんです。

ペイアウト率が上がる代わりに、予想する幅が大きくなってしまうので難易度は上がりますよね。

次に国内業者のスプレッドです。

こっちは途中決済や転売時に、買値と売値の差のことを指します。ですが、国内業者は規制によってペイアウトが1,000円に固定されてしまって購入金額が変動している形をとっています。

その取引方法をラダー取引といって、一回の取引金額が少なく済む代わりに途中決済や転売を行った際にペナルティ的に売値が下がると思ってください。

例として500円でHighエントリーしたとします。

勝つことが厳しいと判断して転売しようとした際に、本来なら500円が返ってくるのにスプレッドとして450円になるというイメージでいいと思います。

fxでいうスプレットは買値と売値の価格差のことを言います。

スプレッドの分不利な位置からのトレードが始まるものだと思ってください。

fxにおけるスプレッドは今回の記事では詳しく説明しませんので気になった方は調べてみてください。

国内業者と海外業者の違い

気になるのは、結局国内業者と海外業者はどちらがいいのかという点だと思います。

私は人によって考え方は違うと思うので絶対的な断言はしませんが、私は海外業者を選びますね。

理由はシンプルにラダー取引は難易度が高いからです。

国内業者の場合、ラダー取引になるのでベット金額と利益が変動し、うまくいけば通常のハイロー取引よりも稼げるかもしれません。ベット金額と利益が変動するというのは、予想する幅をレートという形で選択して購入するシステムであるためです。

大きい利益を目指すなら予想する幅が大きいものを選べばいいし、手堅く利益を上げたいなら、予想する幅の小さいものを選べばいいだけです。

最も低価格なもので1円から購入できるものもあります。1円での取引が1,000円になると考えたら結構夢のあるものですよね。

ですが、1円が1,000円になる値幅を予想するとなればそれだけ難しくなるので、勝率やロジックなどがちゃんと通用するものではないのかと私は考えてしまいますね。

それなら、しっかりと分析した分成果を上げてくれるハイロー取引のほうが現実的に利益を上げる続けることができると思います。

せっかく細かい分析をしてやっとチャンスが来たと思っても、レートの予想が難しかったら購入のハードルも高いと思いますし、負けてしまったときの分析も難しくなってしまいます。

だから私はラダー取引を採用している国内業者よりも、ハイロー取引を扱う海外業者での取引を選ぶし、これから始めようと思っている人にもオススメしたいと考えています。

まとめ

今回は国内業者と海外業者の違いとスプレッドについての記事だったのですが、途中からラダー取引についてのことがメインになってしまいましたごめんなさい。

最後にこの記事で知ってほしいことをまとめていきます!

国内業者の例として1円からといいましたが、業者によって最低のベット金額は変化しますので取引前に確認することを忘れないようにしましょう。

海外業者はハイロー取引を扱うものが多いですが、その中でもペイアウト率の違いやしっかりと出金ができるかどうかなどを確認しましょう。

スプレッドが意味するものは、ハイロー取引の場合は配信レートのズレ、ラダー取引の場合転売時に差し引かれる分のペナルティ的なもの、fxの場合は買値と売値の差になります!

この3つがこの記事を読んでいただいた方に知っておいてほしいことになります。

私が個人的に海外業者をオススメしているのは、ハイロー取引を行えるということと、ハイローオーストラリアの場合しっかりと出金してくれるという点が確認できているためです。

人によってはラダー取引のほうがやりやすいという人もいるかもしれません。利益が出せるものが正義だと思っていますので、やり方、方法を絶対にこうしたほうがいいというのはないと思っています。

自分のやり方に合った方法で投資に向き合っていきましょう!

では今回はこの辺で。読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました